無機分析

炭素・硫黄分析装置

CS844

  • CS844
  • CS844ES
  • C844
  • S844

CS844型

CS844は、75年にわたるお客様からの意見・要望を、最先端の技術を用いて実現させた、ワイドレンジタイプの炭素・硫黄分析装置です。金属、鉱石、セラミックス等、無機物全般の炭素及び硫黄を燃焼法によって測定します。装置のコントロール、分析条件の設定、診断及びレポート印刷などの全ての操作は、フレキシブルアームに搭載された、Windows®ベースのタッチスクリーン式インターフェイスを介して行いますので、貴重な作業スペースを無駄にする事がありません。

本製品は、「生産性向上設備投資促進税制」の対象製品です。

簡単な手続きで「即時償却または税額控除5%」の税制優遇が受けられます。

» 経済産業省税制措置パンフレット

特長と利点

高効率燃焼炉

・より効率的に幅広い種類のサンプルを燃焼します。
・メンテナンス方式を見直し、定期的メンテナンスの頻度を削減致しました。
高効率燃焼炉

改良IRセルデザイン

・精度が改良され、より正確な結果が得られます。
・モジュール式で交換が容易。交換後の調整は一切必要ありません。
・使用中の安定性が向上し、寿命も長くなりました。
・炭素、硫黄それぞれに2つずつの検出器を持つ構成です。

信頼性の高い自動化機構

・10サンプルおよび60サンプル用シャトルローダーをご用意しております。
・高効率のオートクリーナー/掃除機システムがメンテナンスを最小限に抑えます。
・自動燃焼管交換システムを標準で装備。

その他

・フレキシブルアームに取り付けられたタッチパネル式インターフェイスで人間工学に基づいた、直感的なオペレーションが可能。
・圧力補正、温度コントロールされたガスドーズシステム。
・最新の配管は破損やリークの原因となる継ぎ目を最小限に抑えました。
タッチパネル式インターフェイス

詳細仕様

■ CS844

分析範囲※1 炭素:0.0006 mg~60 mg (1 gサンプルでは0.6 ppm~6.0%)
硫黄:0.0006 mg~60 mg (1 gサンプルでは0.6 ppm~6.0%)
分析精度※2 炭素:標準偏差(s) 0.0003 mg(0.3 ppm)またはRSD 0.5% ※いずれか大きい方
硫黄:標準偏差(s) 0.0003 mg(0.3 ppm)またはRSD 0.5% ※いずれか大きい方
キャリブレーション 標準試料(1点または多点)、自動または手動
分析時間※3 40秒(通常)
サイクルタイム※3 130秒(通常)
処理能力 27サンプル / 時間(通常)
試料重量 通常 1 g
検出方法 非分散型赤外線吸収法
試薬 ・過塩素酸マグネシウム
・水酸化ナトリウム(不活性基質にコーディング)
・プラチナシリカゲル
・レアアースベース酸化銅
・セルロース
使用ガス キャリア:酸素 99.5%(0.24 MPa)
駆動:圧縮空気または窒素(0.28 MPa ;水分、油分を含まないこと)
ガスドージング:二酸化炭素 99.99%(0.14 MPa)
ガス流量 キャリア:3 L/分
駆動:1 L/分
高周波炉、最大2.2 kw(昇温0~100% power)、水冷式
内部冷却水 300 mL、LECO Coolant
動作環境 温度:15℃~35℃
相対湿度:20%~80%(結露なし)
寸法(タッチスクリーンモニター付) 幅:59 cm x 奥行き:75 cm x 高さ:84 cm
電源容量※4 単相200 V~(+10/-15%:最大出力、230 Vに昇圧して使用)、50/60 Hz、30 A、5,500 BTU/hr
重量 本体 140 kg(タッチスクリーンモニターあり)、132 kg(タッチスクリーンモニターなし)

■ CS844ES

分析範囲※1

(試料重量1.0 g)
炭素        :0.0006 mg〜60 mg(0.6 ppm〜6%)
硫黄(標準モード) :0.0006 mg〜60 mg(0.6 ppm〜6%)
硫黄(ESモード) :0.0001 mg〜0.05 mg(0.1 ppm〜50 ppm)
分析精度※2

(試料重量1.0 g)
炭素       :標準偏差(s) 0.3 ppmまたはRSD 0.5% ※いずれか大きい方
硫黄(標準モード):標準偏差(s) 0.3 ppmまたはRSD 0.5% ※いずれか大きい方
硫黄(ESモード)  :標準偏差(s) 0.05 ppmまたはRSD 0.5% ※いずれか大きい方
キャリブレーション 標準物質(一点または多点)、自動または手動
分析時間※3 標準モード 40秒  ESモード 130秒
サイクルタイム※3

(パージ、アナリシスディレイ、積分時間を含む)
標準モード 130秒  ESモード 270秒
試料量 通常1.0 g
検出方法 非分散型赤外線吸収法
試薬 ・水酸化ナトリウム(不活性基質にコーティング)
・過塩素酸マグネシウム            ・プラチナシリカゲル
・レアアースベース酸化銅           ・セルロース
使用ガス キャリアガス 酸素(99.5%)、0.24 MPa ±10%
駆動ガス   圧縮空気または窒素(水分、油分を含まないこと)、0.28 MPa ±10%
ガスドーズ  二酸化炭素(99.99%)、0.14 MPa ±10%
ガス流量 キャリアガス:3 L/分(ESモード:0.8 L/分)、駆動ガス:1 L/分
高周波炉、最大2.2 kW(0-100% 出力制御)、水冷式
冷却水 300 mL、LECO Coolant
オペレーション Windowsソフトウェア
動作環境 温度:15℃〜35℃
相対湿度:20%〜80%(結露なし)
寸法 高さ:84 cm、幅:64 cm、奥行:75 cm(マウント式タッチスクリーン含む)
重量 本体 140 kg(モニター含む)、132 kg(モニターなし)
電源容量※4 単相200 V〜(+10/-15%、230 Vに昇圧して使用)、50/60 Hz、30 A、5,500 BTU/hr
※1 分析範囲の下限値は装置ブランクの標準偏差の2倍です(2s)。分析範囲は試料の種類や分析パラメーターによって異なります。
※2 分析精度は装置ブランクの標準偏差です(1s)。分析精度は試料の種類や分析パラメーターによって異なります。
※3 標準的な分析条件における時間です。実際の時間は試料の種類や分析パラメーターによって異なります。
※4 通常設定運転時の平均排熱量です。
ガスフローダイアグラム

機種別パーツリスト

詳細についてはこちらからお問い合せください