有機分析

硫黄・炭素分析装置

SC832

  • SC832
  • SC832DR
  • S832
  • S832DR
  • C832

SC832型

LECO社独自の技術でロングセラーを続ける管状炉タイプの硫黄・炭素分析装置

SC832は、ASTM(米国材料試験協会)に認証された燃焼・非分散型赤外線吸収法による硫黄および炭素の分析装置です。お客様からの数多くのフィードバックと革新的な技術を用いて完成させた、最新型分析装置は、マウントタイプモニターを採用することで操作性を向上し、貴重なスペースを無駄にすることなく運用管理ができます。

分析対象物
石炭・コークス・セメント・石油製品・鉱石・土壌・触媒・ゴム・その他

石炭・コークス・セメント・土壌・燃料油、その他有機化合物中の炭素・硫黄を正確かつスピーディーに分析できます。このシリーズは「高精度迅速分析」「簡単なメンテナンスと優れた耐久性」「省スペース」「使いやすいソフトウェア」などの理由からLECO社製品の中でも長い歴史を持ち、時代のニーズに合わせて絶えず進化を続けている装置です。高効率燃焼炉、改良型IRセル、そして堅牢性を備えた832シリーズは、あらゆる有機化合物中の硫黄・炭素を迅速かつ正確に分析したいというお客様のニーズにお答えします。

本製品は、「生産性向上設備投資促進税制」の対象製品です。

簡単な手続きで「即時償却または税額控除5%」の税制優遇が受けられます。

» 経済産業省税制措置パンフレット

特長と利点

高効率燃焼炉

・LECO社独自の最高1550℃まで設定可能な横型炉には、酸素を試料に直接
 吹きかけるランスシステムを採用しており、迅速な完全燃焼および炭素・
 硫黄の完全回収が可能です。
・1試料あたり約2分で分析が終了します。
・大気から隔離されたデザインを採用した新型炉は、ブランク値の低減および
 分析精度の向上が可能です。
・使用電力および排熱量を低減し、オペレーションコストを飛躍的に削減しま
 した。

高効率燃焼炉

IRセル

・エミッター制御と検出器回路を最適化することにより、IRセルの長寿命化
 および長期安定性を実現しています。
・S/C/SC832スタンダードモデルには、炭素および硫黄分析用ワイドレンジ
 IR検出器を1つずつ搭載し、キャリブレーションおよび条件設定を簡略化し
 ました。
・オプションのS/SC832DRモデルには、2つの硫黄分析用IR検出器を搭載し
 ており、微量から高濃度域までの広範囲分析に適用できます。

IRセル

詳細仕様

分析範囲
(試料重量200 mg)
硫黄:SC832:0.008 mg**~30 mg(0.004%~15%)
硫黄(DR):S832DR:0.0035 mg**~98 mg(0.002%〜49%)
炭素:SC/DR/C832:0.0175 mg**~200 mg(0.009%~100%)
※分析範囲は試料重量を変えることにより広くすることができます。
※分析精度以降は「SC832」の仕様となっております。
分析精度+
硫黄    :標準偏差(s) 0.004 mgまたはRSD 1% ※いずれか大きい方
硫黄(DR):標準偏差(s) 0.0018 mgまたはRSD 1% ※いずれか大きい方
炭素    :標準偏差(s) 0.0088 mgまたはRSD 1% ※いずれか大きい方
分析時間 60〜120秒(通常)
試料重量 通常 硫黄のみ:350 mg(石炭)、炭素・硫黄:200 mg(石炭)
検出方法 非分散型赤外線吸収法
* 832/832DR:抵抗加熱炉 600℃~1450℃(設定値±10℃)
832HT   :抵抗加熱炉 600℃~1550℃(設定値±10℃)
使用ガス 酸素 99.5%、0.1 MPa ±10%、3.5 L/分、1.0 L/分/パージ
ヒーター部 ニケイ化モリブデン製 / 4本
使用試薬 過塩素酸マグネシウム(アンハイドロン)
寸法 幅:46 cm x 奥行:79 cm(66 cm) x 高さ:80 cm
重量 88 kg(マウントモニターあり)、78 kg(マウントモニターなし)
電源容量 単相200 V~(+10/-15%:最大出力、230 Vに昇圧して使用)、50/60 Hz、14 A(最大)、5 A(待機※1)、5,100 BTU/hr (分析時※2)、3,100 BTU/hr(待機※1
※1§スタンバイ時平均(炉:1100℃、ガスオフ)
※2§§ 通常設定での運転時平均(炉:1350℃、ガスオン、30試料/hr)
パーツナンバー S832MC:硫黄分析装置
C832MC:炭素分析装置
SC832MC:硫黄炭素分析装置
S832DR-MC:デュアルレンジ硫黄分析装置
SC832DR-MC:デュアルレンジ硫黄炭素分析装置
オプション パフォーマンスパッケージ(P);リークチェック機能及びバックプレッシャー調整機能
デスクトップタイプモニターもご用意できます。
**分析範囲の下限値は装置ブランクの標準偏差の2倍です(2s)。
 分析範囲は資料の種類や分析パラメータによって異なります。
+ 分析精度は装置ブランクの標準偏差(1s)です。分析精度は試料の種類や分析パラメータによって異なります。
* 炉温を800℃未満で設定するにはソフトウェア登録の変更が必要です。
‡ 後部パネルから前脚部までの長さ。(実際に必要な設置面積)
§ 標準的な待機条件:1100℃ ガスオフ状態として算出。
§§標準的な分析条件:1350℃ ガスオン 1時間30検体分析として算出。

機種別パーツリスト

詳細についてはこちらからお問い合せください