製品紹介

質量分析

質量分析

無機分析

炭素・硫黄分析装置

特長
調整可能な6方向フレキシブルアームに取り付けられた操作性の良いタッチスクリーンがついて使いやすくなりました。オートクリーナーの取り外しは工具不要です。
分析対象物
鉄鋼・鋳鉄・フェロアロイ・モールドパウダー・銅合金・アルミニウム合金・触媒・セラミックス・石灰石・鉱石・その他

酸素・窒素・水素分析装置

特長
不活性ガス融解法で無機物全般の酸素・窒素・水素を分析します。3つの酸素検出用赤外線(IR)検出器が業界最大の分析範囲を可能にしました。
分析対象物
鉄鋼・鋳鉄・フェロアロイ・チタン合金・ジルコニウム・ウラン・モールドパウダー・銅合金・アルミニウム合金・セラミックス・その他

形態別 炭素・水素/水分分析装置

<周辺機器>

有機分析

有機元素分析装置

特長
マクロタイプは十分なサンプル重量を投入することができ、試料の不均一性をあまり意識せずに分析が可能です。
分析対象物
石炭・石油製品・各種有機化合物・粉砕廃棄物・焼却灰・土壌・食品・肥料・飼料など、様々な分野の液体および個体試料。

熱重量分析装置

灰溶融性測定装置

ミクロ有機元素分析装置

特長
独立した元素ごとの検出器を持ち、妨害元素の影響が無く、数mgのサンプルを4元素同時に高精度な分析が可能です。酸素分析は、LECO社独自の接触熱分解法により業界最高レベルの分析精度を誇ります。
分析対象物
薬品・ポリマー・化学物質・石油化学製品分野の様々な個体および液体試料

発光分光分析

食品分析

燃焼法(改良デュマ法)窒素・たんぱく質分析装置

特長
燃焼法(改良デュマ法)は、ケルダール法の代替分析法として各機関で公定法として認められつつある方法です。本シリーズは、食塩、水分等が含まれる試料でも安定した分析を行えます。
分析対象物
飼料・肥料・食品全般
ガイドブック

「食品・飼料・肥料中窒素/たんぱく質分析 – 分析法の現在と機種選定のポイント – 」のガイドブック(PDF)が無料でダウンロードできます。(ダウンロード時に、お名前、ご所属等を入力いただく必要がございます)

» ダウンロードフォームはこちら

全自動水分灰分分析装置

特長
水分、灰分の熱重量分析が完全自動分析で可能です。炉内ガス雰囲気を自在に切り替えることで熱分解や完全灰化が可能です。
分析対象物
食品・肉類・飼料・種子・ペットフード・粉製品・その他

全自動水分分析装置

※分析装置の対象試料、分析範囲は、装置の仕様によって異なります。
対象試料に最適な分析装置と仕様をご提案申し上げますので弊社窓口までご相談ください。