Inorganic 無機分析

形態別炭素・水素/水分分析装置

RC612

RC612型

形態別分離定量を可能にする
抵抗加熱炉式の炭素・水素/水分分析装置

RC612は、石英製の管状炉内で試料を加熱し、揮発、熱分解または燃焼により発生した炭素および水素(水分)を測定する装置です。常温から最高1100℃まで、昇温プログラムが自在に組め、試料中に存在する炭素・水素が形態別に分離定量できます。

分析対象物
薄板やコイルなどの表面汚染/カーバイド・セラミックス・触媒・セメントなどの形態別分析
特長と利点
主な特徴
・加熱雰囲気は酸素または窒素(不活性ガス)を選択可
・加熱雰囲気と酸化機構を組み合わせることで、 炭素および水素の形態別分析が可能
 (炭素 : フリーカーボン・炭化物・炭酸塩炭素・有機物など)
 (水素 : 水分・水素・結晶水・水素化物・有機物など)
・炭素の検出器は低濃度用と高濃度用を搭載 ppmレベルから%オーダーの分析が可能
・燃焼管に取り付けられたファンにより迅速冷却
・最新の温度制御システムにより、25℃から1100℃まで 昇温プログラムを自由に設定
その他
Windows ベースのシステムを採用し、高い操作性を実現。
詳細仕様
分析範囲
(試料重量250mg)
炭素:50ppm~20%
水分:100ppm~20%
※分析範囲は試料重量を変えることにより広くすることができます。
分析精度
(試料重量250mg)
炭素:標準偏差(s) 25ppmまたはRSD 3% ※いずれか大きい方
水分:標準偏差(s) 50ppmまたはRSD 3% ※いずれか大きい方
キャリブレーション 標準物質
試料重量 粉体:通常 0.5g
固体:23 mm × 102 mm以内
検出方法 非分散型赤外線吸収法
抵抗加熱炉(室温~1100℃)温度設定および昇温速度設定可能
キャリアガス 酸素:純度99.5%、0.28MPa、±10%
窒素:純度99.5%、0.28MPa、±10%
ガス流量 酸素:3L / 分(運転時)
窒素:3L / 分(運転時)
使用試薬 過塩素酸マグネシウム(Mg(ClO4)2) / 水酸化ナトリウム(NaOH) / 酸化銅(CuO)
設置条件 温度:15℃~35℃
相対湿度:20%~80%(結露なし)
寸法・重量 高さ:84cm、幅:57cm、奥行:87cm / 105kg
電源容量 単相200V~(±10%、230Vに昇圧して使用)、50 / 60Hz、35A、23,600BTU / hr
オプション 625-507:ガス精製キット
ガスフローダイアグラム

詳細についてはこちらからお問い合せください