無機分析

炭素・硫黄分析装置

CS744

  • C744
  • S744

CS744型

 

Cornerstone シリーズが鉄鋼、鉱石、加工金属、その他無機物質中の炭素・硫黄分析の概念を変えていきます。お客さまからのご意見・ご要望を我々の最先端の技術を用いて実現させた本装置は、タッチスクリーンインターフェイスの利点を生かして操作性が向上しました。

本製品は、「生産性向上設備投資促進税制」の対象製品です。

簡単な手続きで「即時償却または税額控除5%」の税制優遇が受けられます。

» 経済産業省税制措置パンフレット

特長と利点

1.高周波燃焼炉

・18MHz、2.2kWの高周波炉で素早く安定した燃焼。
・ランスからルツボに酸素を吹き付けることで完全燃焼を促し、回収率を向上。
・モジュール式アッセンブリーを使用し、燃焼管が10秒以内で交換。

高周波燃焼炉

2.改良IRセルデザイン

・温度自動調整機能により周囲の温度変化の影響を最小限に。
・長寿命のエミッタードライブとドリフトフリーの検出回路が長期安定性を
 向上。
・測定範囲の広い炭素、硫黄検出器はセットアップやキャリブレーションが
 簡単。

改良IRセルデザイン

3.オプション

・マウント式モニター:調整可能な6方向フレキシブルアームに取り付けられた操作性のよいタッチスクリーン。
・クリーナー:ダウンタイムが少なく、安全性が向上したオートクリーナーと自動燃焼管交換システム。
・パフォーマンス:キャリアガス精製管、スクラバー、ベースラインの安定性や精度を向上させる温度管理されたフローコントローラー
・パフォーマンス硫黄:ベースラインの安定性や精度を向上させる温度管理されたフローコントローラー
・オートローダー:10サンプルおよび60サンプル用シャトルローダーをご用意しております。

マウント式モニター

詳細仕様

分析範囲
(試料重量1g)※1
炭素:0.002mg※2〜60mg(2ppm〜6%)
硫黄:0.002mg※2〜17.5mg(2ppm〜1.75%)
分析精度
(試料重量1g)※3
炭素:標準偏差(s)0.001mgまたはRSD 0.5% ※いずれか大きい方
硫黄:標準偏差(s)0.001mgまたはRSD 1.5% ※いずれか大きい方
キャリブレーション 標準試料(1点または多点):手動
分析時間 40秒(通常)
サイクルタイム 130秒(通常)
処理能力 27サンプル / 時間(通常)
試料重量 通常 1g
検出方法 非分散型赤外線吸収法
試薬 ・過塩素酸マグネシウム
・水酸化ナトリウム(不活性基質にコーディング)※4
・レアアースベース酸化銅※4
・プラチナシリカゲル
・セルロース
使用ガス キャリア:酸素 99.5%(0.24MPa)
駆動:圧縮空気または窒素(0.28MPa 水分、油分を含まないこと)
ガス流量 キャリア:3L / 分
駆動:1L / 分
高周波炉 2.2kW
動作環境 温度:15℃〜35℃
相対湿度:20%〜80%(結露なし)
寸法(タッチスクリーンモニタ付) 高さ:84cm、幅:59cm、奥行:75cm
電源容量 単相200V〜(±10%):(230Vに昇圧して使用)、30A、50 / 60Hz、5500BTU / hr※5
重量 本体 140kg(タッチスクリーンモニターあり) 132kg(タッチスクリーンモニターなし)
パーツナンバー CS744:炭素硫黄分析装置
C744:炭素分析装置
S744:硫黄分析装置
オプション※6 ・マウント式タッチスクリーンモニター
・オートクリーナーと自動燃焼管交換システム
・酸素ガス精製管および加熱式フローコントローラー
※1 元素濃度は以下の計算式で求めます。
%元素濃度=(元素重量 mg)/(試料重量 mg)×100
※2 低濃度では、ブランク偏差2σとして計算されます。サンプルの種類や分析パラメータなど様々な要因によって分析範囲は異なる場合がございます。
※3 装置のブランク偏差は1σで計算されます。分析精度はサンプルが不均一であったり、またその他の要因により異なる場合がございます。
※4 こちらはオプションです。
※5 平均的な出力は通常動作設定値に基づきます。VはVACの意味です。
※6 詳しくは営業担当にお問合せください。

機種別パーツリスト

詳細についてはこちらからお問い合せください