材料分析について

1.主な材料分析の内容

材料分析における主な事例として、発生ガス分析、組成分析、分子構造解析等があります。
工業材料は様々な形状のサンプルがあり、目的に応じて色々な装置を使用して分析および解析を行います。

 

St.Joseph Poster

 

2.GCxGC-TOFMSによる微小差異解析ワークフロー

Lot間比較や競合他社品分析、不良原因解析等の微小差異解析は、材料の組成の複雑化に伴い非常に困難な解析になっています。
GCMSを用いることにより、添加剤、発生ガス、表面付着物等に関する情報を得ることが可能ですが、これまでは既知の化合物の分析、いわゆるターゲット分析が中心でした。
しかし、ターゲット分析中心の手法では原因が特定できないことが多くあります。
そのため、組成をより網羅的にとらえてより多くの情報を得ることにより、これまで見落としていた差異をとらえることがきると考えられます。
LECOではこのような微小差異解析にGCxGC-TOFMSを用いた微小差異解析ワークフローを提案しております。

 

St.Joseph Poster

 

3.超高分解能GC-TOFMSによる未知化合物の定性

材料分析は、成分分析・不純物分析など、品質向上や製品不具合解析を目的として実施されますが、調査対象物質が未知の物質である場合も多くあります。
超高分解能TOFMSは精密質量を測定することにより未知化合物の組成式を決定し、その構造解析に大きく寄与します。
LECOのPegasus® HRT+は優れた質量精度と組成式算出機能により、従来のライブラリー検索では該当化合物のないUnknownピークについて、信頼度の高い組成式決定が可能です。さらに、LECO独自の総合評価システムは、複雑組成成分や元素組成の絞り込みが行えないまったくの未知成分であっても唯一の組成式を提供します。

 

St.Joseph Poster

【分析事例】

 高分解能GC-TOMSを用いた未知化合物同定へのアプローチ

 

4.超高分解能GC-TOFMSによる微小差異解析ワークフロー

近年、高性能・高付加価値を有する材料開発が求められており、材料の微小な差異を捉えるだけでなく、差の原因となっている新規化学物質や未知化合物等を同定することも重要になっています。
LECOのPegasus® HRT+は優れた質量精度と総合評価システムによる構造推定機能に加えて、Mass Defect Plotによる各種解析機能を備え、詳細な解析をシステマティックに効率よく行うことができます。
LECOでは超高分解能TOFMSとMass Defect Plotを用いた下記のような微小差異解析ワークフローを提案しております。

 

St.Joseph Poster

【分析事例】

 GC-TOFMSを用いたアクリル樹脂の劣化メカニズムの究明

 

5.異なる2つのアプローチ

LECOのGC-TOFMSは分析目的に合わせた2つのシリーズをラインアップしております。
高感度フルスペクトルにより微量成分の検出が可能なPegasus® BTシリーズ、優れた質量精度と各種解析機能を備えたPegasus® HRT+シリーズ、さらにGCは通常のGCに加えてLECO独自のGCxGCにアップグレードすることも可能です。
LECOではお客様の様々なニーズに応じた材料解析手法をご提案しております。

 

St.Joseph Poster
LECO社の質量分析装置ラインナップ

【GC-TOFMS & GCxGC-TOFMS】

GCxGC-TOFMSで分析の
全てが変わります

圧倒的な質量分解能を持つ
超精密質量型GC-TOFMS

GCMSの最高峰

 

          

アプリケーション「工業材料」へ