「高速GC/TOFMSによるウィスキーの比較」のアプリケーションノートです。

gc_019

アルコール飲料の品質管理において、発酵と蒸留処理の過程で起こりうる変化を発見するのに重要視されるのは、異なる製品の比較分析です。

蒸留原酒(例、ウィスキー)のラクトンの熟成と保存による化学物質の形成は完成品の最終的な香りと味わいを決める重要な因子となります。

このアプリケーションノートでは、Pegasus III 飛行時間型GC/MS を用いた簡単かつ高速なGCMSアプリケーションを説明します。自動ピーク検出、デコンボリュージョン、比較機能との組み合わせにより、Pegasus は強力な品質管理お助け装置にもなっています。

標準的な設定条件に比べ、高速GC は、ナロウボアの短いカラムを用いて、時間短縮を図る設定条件をしているため、分析所要時間は11 分です。

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

高速GC/TOFMSによるウィスキーの比較