「高分解能GCMSによる酵母の代謝物の分析」のアプリケーションノートです。

キーワード:酵母、メタボロミクス、GC-TOFMS、高分解能MS

酵母は、古くから発酵とワインの生産に使用されてきました。
酵母菌は、貴重な有機酸などの持続可能な化学物質を生産するための潜在的な「細胞工場」として研究されており、これらを理解するためには、酵母の代謝を明確に理解する必要があります。メタボロミクスの研究とエンジニアリングにおける最大のボトルネックは、生体系におけるさまざまな化合物のキャラクタリゼーションです。
本アプリケーションノートでは、酵母の分子プロファイリングのため高分解能GC-TOFMSと高分解能GCxGC-TOFMSの利用について検討しました。
Pegasus® GC-HRT 4Dは、EIとCI-HRTの高分解能、正確な質量データの組み合わせにより、化合物を迅速に同定することが可能であり、複雑な酵母マトリックス中の共溶出した同位体標識化合物およびネイティブ化合物を分離および識別することが可能でした。
また、二次元分離の追加により検出機能が大幅に強化され、代謝物検出ワークフローに非常に有用でした。

36.PEG_GC-HRT4D_YEAST_METABOLITE_CHARACTERIZATION_203-821-502_211x272

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

高分解能GCxGC-TOFMSによる酵母代謝物のキャラクタリゼーションの向上