「GCxGC-MSによるハチミツの香気成分の分析」のアプリケーションノートです。

キーワード:ハチミツ、アロマプロファイル、差異分析、SPME、GCxGC-TOFMS

アロマプロファイルはサンプルに含まれる揮発性および半揮発性物質からなり、食品および飲料において、香りや味におおいに寄与します。
GCはサンプルに含まれる揮発性および半揮発性物質の分析に有用ですが、複雑なサンプルではこれらの化合物を通常の一次元GCで分離することは困難でした。
本アプリケーションノートでは、極性の異なるカラムを組み合わせて分離を行うPegasus® BT4D GCxGC-TOFMSを用いて、クローバー、ブルーベリー、オレンジの花のハチミツのアロマプロファイルを比較しました。
高感度フルスペクトル取り込みが可能なPegasus BT4D GCxGC-TOFMSによるノンターゲット分析により、サンプルを特徴づける豊富なアロマプロファイルデータを得ることができました。 いくつかの成分についてサンプル間で違いが検出され、それらの違いはそれぞれのハチミツの香りとの関連がありました。 一部の成分については、GCxGCによる分離能を追加しなければ確認することが困難でした。

20.PEGBT4D-FLUX_HONEY_AROMA_203-821-579_211x267

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GCxGC-TOFMSによるハチミツのアロマプロファイルの比較