「SPME-GC-TOFMSによる原材料のスクリーニング:麦芽のフレーバー分析」のアプリケーションノートです。

食品や飲料の製造工程の早い段階で原材料のスクリーニングをすることは品質管理または生産過程の最適化に役立ちます。
麦芽はビールの主要な原材料のひとつであり、醸造の初期の段階で加えられ、複雑な炭水化物や糖を生成し、最終製品の味、ボディ、色などに寄与します。
本アプリケーションノートでは、Pegasus BT GC-TOFMSを用いてASMC(American Society of Brewing Chemists)の”Hot Steep Malt Sensory Evaluation“を参考に、いくつかの麦芽抽出物の香気成分の分析をSPME-GC-TOFMSにより行いました。
その結果、約200化合物が麦芽の特徴的な傾向とともに同定・比較され、それぞれの麦芽を特徴づける化合物について情報を得ることができました。

18.PEGBT_HOT_STEEPED_MALT_FLAVOR_203-821-564

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

SPME-GC-TOFMSによる原材料のスクリーニング:麦芽のフレーバー分析