「GC-TOFMSによるフルーツフレーバーティーのキャラクタリゼーション」のアプリケーションノートです。

本アプリケーションノートでは、ターゲット分析とノンターゲット分析の両方に有用なPegasus BTとHS-SPME法を組み合わせ、フルーツフレーバーティー2種(一般品とダイエット用)の香気成分比較およびサンプルキャラクタリゼーションを行いました。LECOの強力なデコンボリューション機能は、強度比が近い物のみならず極端に強度比が大きい物も正確に分離・検出が可能であり、複雑な香気成分を構成する多数のピークを迅速に定性することができました。また、得られた網羅的分析データによる比較分析結果から、サンプル間で差異のある成分の抽出が可能でした。

GCxGC-TOFMS_FAME_Rev.1

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるフルーツフレーバーティーのキャラクタリゼーション