「GC-TOFMSによるヒト尿中のバルビツール酸の高速スクリーニング分析」のアプリケーションノートです。

現在、違法薬物の分析ではSIMやMS/MSによる測定が主流ですが、これらの手法は複雑なマトリクス中では共溶出の影響から、正しい結果が得られないなどの問題があります。本アプリケーションでは、Pegasus BTを用いてヒト尿中バルビツール酸類のノンターゲット法による定性およびターゲット化合物の定量分析を行った結果、誘導体化なしの簡易的な抽出法であっても、LECOの強力なデコンボリューション機能により、ヒト尿中成分の正確な同定を短時間で行うことが可能でした。また、得られた良好な直線性を有する検量線から、バルビツール酸を低濃度まで迅速に定量することができました。

GCxGC-TOFMS_FAME_Rev.1

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるヒト尿中のバルビツール酸の高速スクリーニング分析