「GCxGC-MSによる通常のメープルシロップと樽熟成メープルシロップの差異分析」のアプリケーションノートです。

キーワード:GCxGC、TOFMS、差異分析、ChromaTOF Tile、Fisher Ratio

緒言

バーボン樽熟成は、幅広い食品および飲料市場に広がっています。以前はバーボンの熟成に使用されていた焦げたオーク樽が、別の食品または飲料製品の熟成に再利用されます。このプロセスは、製品に風味と価値の両方の複雑さを加える傾向があり、ビール、酒、ワイン、ソース、シロップ、コーヒー、およびお茶に使用されてきました。
このアプリケーションノートでは、バーボン樽熟成されたメープルシロップとそうでないメープルシロップの特定の化学的違いを探ります。この分析目標を達成するために、サンプルを2次元ガスクロマトグラフィー(GCxGC)で分離しました。GCxGC-TOFMSは豊富なデータを作成し、データ分析ソフトウェアツールを使用して、意味のある情報を明らかにすることができます。ここではChromaTOF Tileを使用して、サンプルセット全体の生データを迅速に比較し、バーボン樽熟成メープルシロップと通常のメープルシロップを区別する特定の化学物質を見つけました。
HS-SPMEとGCxGC-TOFMSを使用して、2種類のシロップサンプルを分析しました。
サンプルの取得は、LECOのChromaTOFソフトウェアで自動化および制御され、クラスを区別する機能を決定および識別するためのデータ分析がChromaTOFTileで実行されました。
その結果、アルコール、エステル、およびアルカンは、樽熟成シロップで一貫して高レベルで観察されましたが、窒素含有環(ピラジンおよびピリジン)、硫黄含有化合物、アルデヒド、およびケトンは、通常のシロップで一貫して高レベルで観察されました。
ChromaTOFタイルは、サンプルクラスの比較を容易にし、通常のシロップと樽熟成シロップを区別するデータの特徴を迅速に決定しました。

pegbt_explosive_residues_soil

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GCxGC-MSによる通常のメープルシロップと樽熟成メープルシロップの差異分析