「GC-TOFMSによる効率的なオピオイド類のモニタリング」のアプリケーションノートです。

過去数十年で薬物の乱用は伝染病レベルで増加しています。GC-TOFMSの出現により唾液、血漿、尿のような複雑なマトリクス中の薬物のモニタリングが改善されました。 本アプリケーションノートではPegasus®  BT GC-TOFMSを用いて外来患者の尿サンプルを前処理後測定しました。芳香族化合物、テルペン類、テルペノイド類等が検出され、代表的な48化合物について市販データベースと比較した結果、similarityは平均 899/1000でした。優れたデコンボリューション機能を有し迅速なデータマイニングが可能なソフトウェアにより、1度の測定で薬物およびその代謝物を同定することができました。

11.PEGBT_OPIODS_203-821-551

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによる効率的なオピオイド類のモニタリング