「GC-TOFMSによるワイン中のコルク劣化による、2,4,6-トリクロロアニソールの定量」のアプリケーションノートです。

コルクがもとでワインに不快な香りが生じるコルク汚染(コルクティント)の原因成分である2,4,6,-トリクロロアニソール(TCA)は、極微量濃度(pptレベル)でも風味劣化を引き起こします。本アプリケーションノートでは、Pegasus BTとHS-SPMEを用いてTCAの定量分析を行いました。Pegasus BTのデコンボリューション機能と分解能は、マトリックスの影響を除いてTCAを官能評価の閾値より低いレベル(0.1ppt)まで正確に定量することが可能でした。また優れた感度でのフルスペクトル取り込みにより、1回の分析でターゲット化合物に加え、ノンターゲット解析によるサンプルのキャラクタリゼーションを行うことができます。

GCxGC-TOFMS_FAME_Rev.1

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるワイン中のコルク劣化による、2,4,6-トリクロロアニソールの定量