「熱分解GC-TOFMSを用いたデコンボリューションによる添加剤解析」のアプリケーションノートです。

gc_013

熱分解GCMSとは、温度制御可能な加熱炉や誘導加熱型(キューリー点型)装置内に試料を導入し、発生した熱分解生物をガスクロマトグラフにて分離し、質量分析装置で検出する分析手法です。

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

熱分解GC-TOFMSを用いたデコンボリューションによる添加剤解析