「SPME-GCxGC-TOFMSによるヤマヨモギの香気成分の分析」のアプリケーションノートです。

大きなよもぎとも呼ばれる一般的なヤマヨモギ(A. tridentata)は、セージの刺激的な臭いがする銀色がかった灰色の低木です。
本アプリケーションノートでは、SPME-GCxGC-TOFMSを使用してヤマヨモギから放出されるアロマ成分の特性評価を明らかに行いました。
GCxGC-TOFMSを使用することにより、さまざまな濃度の複雑なマトリックスに含まれる微量成分を識別および検出することが可能であり、揮発性成分の特性評価を容易にすることが可能でした。また、可変モジュレーションにより、GCxGCのメソッド開発を最適化することが可能でした。

35.PEG4D_SAGEBRUSH_AROMAS_SPME_203-821-406_211x290

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

SPME-GCxGC-TOFMSによるヤマヨモギの香気成分の分析