「GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSによるペットフードのアロマプロファイル」のアプリケーションノートです。

フレーバープロファイルは、食品の特徴的な芳香に寄与する揮発性および半揮発性化合物で構成されており、多数の化合物が関与しています。分析対象物の濃度とにおいの強さが必ずしも相関しないため、これらは複雑になる傾向があります。
本アプリケーションノートでは、HS-SPME-GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSを使用し、シーフード、七面鳥、および牛肉風味のペットフードサンプルを分析しました。
TOFMSによるフルスペクトルデータ取得により、クロマトグラフィーで共溶出した化合物のデコンボリューションが可能でした。
また、GCxGCを使用した追加のクロマトグラフィー分離により、複雑なサンプル内の個々の化合物を分離検出することが可能でした。
本分析法を用いることにより、個々の化合物を分離することができ、さまざまなペットフードサンプルの、アロマプロファイルの類似点と相違点を特定することができました。

33.PEG_PEG4D_AROMA_PROFILE_PETFOOD_203-821-429_211x285

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSによるペットフードのアロマプロファイル