「GC-TOFMSおよびリファレンス機能を利用したビールの香気成分の差異の検出」のアプリケーションノートです。

GC-TOFMSは、食品および飲料製品の香気成分等のノンターゲット分析を実行するための強力なツールであり、ターゲット分析では見落としている可能性がある成分を明らかにします。
本アプリケーションノートでは、SPME-GC-TOFMSを使用して市販のクラフトビール、具体的にはスタウトとコーヒー風味のスタウトの違いを確認しました。
さらに、ChromaTOFソフトウェアのリファレンス機能により、サンプルに含まれる分析対象物の相対濃度を計算し、サンプル比較を行いました。
これら2つのサンプルは多くの類似性により、TICクロマトグラムの視覚的な比較ではほとんど違いはありませんでしたが、味および香りなどにおいて明確な違いがあり、個々の分析対象物を比較すると、多くの違いが明らかになりました。
本ワークフローは、サンプルで見落としているものを発見することにより混入物、異臭等の存在を監視する品質管理アプローチとして、食品および飲料業界に広く適用できる可能性があります。

32.PEG_BEER_AROMA_REFERENCE_203-821-479_211x275

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSおよびリファレンス機能を利用したビールの香気成分の差異の検出