「SPME-GC-TOFMSによるワインのコルク汚染の検出のための2,4,6-トリクロロアニソールの定量」のアプリケーションノートです。

ワインのコルク汚染はありふれた欠陥であり、天然コルクのワインで発生する可能性があるため、その存在を予測することは困難です。この汚染は、主に天然コルクで発生してワインに移行する2,4,6-トリクロロアニソール(TCA)に起因します。
本アプリケーションノートでは、HS-SPME-GC-TOFMSを用いてワインサンプルのTCAの定量を行いました。
その結果、ワインマトリックス中の1pptレベルのターゲット化合物(2,4,6-トリクロロアニソール)を検出することができました。この濃度は嗅覚閾値に匹敵します。 また、マトリックスが共溶出した場合でも、TCAを精度よく定量することが可能でした。 デコンボリューション機能を備えた高感度フルスペクトル取り込みにより、ターゲット化合物の定量と同時にノンターゲット分析を行うことが可能でした。

31.PEG_WINE_CORK_TAINT_GC-TOFMS_203-821-516_211x275

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

SPME-GC-TOFMSによるワインのコルク汚染の検出のための2,4,6-トリクロロアニソールの定量