「GCおよびGCxGC-TOFMSによるコーヒーのキャラクタリゼーションとローストレベルの識別」のアプリケーションノートです。

GC-TOFMSは食品および飲料分析に広く適用でき、原料、原材料、または完成品の味と香りに寄与する揮発性および半揮発性化合物の情報を簡単に得ることができます。
本アプリケーションノートでは、Pegasus® BT GC-TOFMSを使用して生のブロッコリーのサンプルと、冷凍販売するために処理されたブロッコリーのサンプルを分析し、処理中に発生する変化を明らかにしました。
ChromaTOFソフトウェアのピークプロパティフィルターを使用して、硫黄を含むピークを特定しました。その結果、処理されたサンプルでいくつかのイソチオシアネートが高レベルで観察され、処理中のグルコシノレートの分解が示唆されました。生サンプルには、硫化物などの硫黄含有分析物が高レベルで含まれていました。これらの化合物は、味、匂い、そして時には栄養への重要な影響を与えます。
ピークプロパティフィルタリングを含むChromaTOFソフトウェアのデータ分析ツールは、サンプルを差別化し、加熱処理による変化を明らかにするための、より多くの硫黄含有分析物を分析するのに役立ちました。

29.PEGBT_SULFUR-CONTAINING_COMPOUNDS_BROCCOLI_203-821-531_211x275

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるブロッコリ中の硫黄化合物の分析