「GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSによるホップの煮沸時間によるアロマプロファイルの変化」のアプリケーションノートです。

ホップはビールの主要な材料の1つであり、天然の防腐剤および香料の両方の役割を果たします。ビールのフレーバープロファイルに影響を与える要素の一つは、ホップの種類の選択であり、別の要素として、ビール醸造中のホップ添加のタイミングがあげられます。
本アプリケーションノートでは、HS-SPMEを使用して、煮沸したホップの花エキスの揮発性および半揮発性化合物をサンプリングし、GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSの両方を使用して、これらの化合物を分離、定量、および同定しました。
Pegasus® HT GC-TOFMSは、複雑なサンプルマトリックス中の分析対象物を効率的に分離、定量、および識別することが可能であり、 フルスペクトルの取得により、1回の分析でターゲット化合物の定量とノンターゲット分析が可能でした。 Pegasus® 4D GCxGC-TOFMSは、ピークキャパシティの向上と高感度により、さらに多くの化合物を検出することが可能でした。

26.PEG_AROMA_PROFILE_HOPS_203-821-412_211x290

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSによるホップの煮沸時間によるアロマプロファイルの変化