「GC-TOFMSによるIPAビールの熟成を追跡するための化学的および感覚的データの相関関係」のアプリケーションノートです。

貯蔵安定性と、製品が経年変化や保管条件によってどのように変化するかは、製造業者と消費者の両方にとって重要なトピックです。時間の経過に伴うアロマプロファイルの変化を理解することは、その製品の賞味期限を理解するのに役立ちます。GC-TOFMSは、ノンターゲット分析によるアロマプロファイルを提供するため、保存安定性の調査に適しています。本アプリケーションノートでは、HS-SPME-GC-MSによる化学分析と官能分析を組み合わせて、保管条件と保存期間の関係をよりよく理解し、化学変化を官能観察に関連付けました。
その結果、鮮度は保存期間とともに低下し、この劣化は低温保存と比較して高温保存の方が速い速度で発生することがわかりました。 官能分析は、サンプルの品質に関する優れた情報を提供し、Pegasus® BTによる化学分析により、感覚的スコアと相関する特定の分析物が明らかになりました。

25.PEGBT_BEER_AGING_203-821-590_211x268

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるIPAビールの熟成を追跡するための化学的および感覚的データの相関関係