「GCxGC-TOFMSによるシトロネラ油のキャラクタリゼーション」のアプリケーションノートです。

エッセンシャルオイルはおもにGCで分析されており、GCMSを使用した化学成分の分離、識別、および定量は、特性評価、認証、プロセスの最適化、およびその他のさまざまな品質管理目標に役立つ重要な情報を提供します。 GCMSは多くの分析ニーズを満たしますが、GCxGCで二次元カラムを介して別の次元の分離を追加すると、サンプルに関するさらに多くの情報が得られます。
本アプリケーションノートでは、GC-TOFMSおよびGCxGC-TOFMSによりシトロネラ油の分析を行い、比較しました。
GCxGCでは分析対象成分が溶出する位置に基づいて化学構造に関する情報が得られるため、GCよりもサンプルの詳細が明らかになりました。また、一次元GCで共溶出する分析対象物を分離することが可能でした。

22.PEGBT4D_CITRONELLA_ESSENTIAL_OIL_203-821-611_211x260

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GCxGC-TOFMSによるシトロネラ油のキャラクタリゼーション