「GC-TOFMSによるダークチョコレートバーのアロマプロファイルの分析」のアプリケーションノートです。

複雑なサンプルの香気特性とその香りに関連する特定の成分を把握することは食品、フレーバーおよび香料の分野において有用です。
本アプリケーションノートでは、HS-SPMEとGCMSを組み合わせてチョコレートに含まれる揮発性および半揮発性物質を同定し、包括的なキャラクタリゼーションを行うことを目的としました。
Pegasus® BTは効率的な分離と化合物の確信的な同定が可能であり、さらに、デコンボリューションによりバックグラウンドノイズを除いたTICから各成分のピーク面積値を算出することにより、サンプルの香気特性を決定することが可能でした。

21.PEGBT_CHOCOLATE_AROMA_203-821-598_211x268

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるダークチョコレートバーのアロマプロファイルの分析