【Webinar】化学分析と官能試験を組み合わせたビールの保存安定性の追跡

本プレゼンテーションでは、化学分析と官能試験を組み合わせて、保存温度によるビールの保存安定性への影響を調査しました。
ビールを室温および冷蔵で0~10週間保管し、揮発性成分をSPMEで捕集しGC-TOFMS分析を行いました。さらに、官能試験では専門のパネルによって各サンプルをスコアリングしました。
官能試験により、サンプル全体の品質に関する優れた情報が得られ、化学データを調査するために役立ちました。また、化学分析により、官能スコアと相関する特定の分析物が明らかになりました。これら両方の手法を組み合わせることで、サンプルをより深く理解することができました。

Watch Now
(英語、約50分)