「GCxGC-TOFMSによるほうれん草中の農薬の定量」のアプリケーションノートです。

食料品中のマトリクスは農薬の定量精度に悪影響を与えるため、サンプル抽出戦略の大幅な改善が行われていますが、複雑なマトリクスのクリーンアップは引き続き問題です。 本アプリケーションノートではPegasus®  BT 4D GCxGC TOFMSを用いてほうれん草抽出液に農薬を添加しマトリクスマッチングにより検量線を作成しました。Pegasus BT 4Dの優れた感度はGCxGCによる高い分離能によりさらに向上し、検量線の直線性および検出限界の向上が可能であり、SANTE 2017の要件を容易に超えました。これらは複雑なマトリクス中のターゲット化合物の定量およびノンターゲット化合物の同定の信頼性が向上することを示しています。

13.PEGBT4D_PESTICIDES_SPINACH_203-821-560

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GCxGC-TOFMSによるほうれん草中の農薬の定量