「SPME-GC-TOFMSによるストロベリーキャンディといちごの香気成分の比較」のアプリケーションノートです。

サンプル間の類似性および差異に基づく特性解析は食品やフレーバーの応用分野において重要です。GC-TOFMSは各分析種をクロマトグラフで分離し、フルスペクトル取り込みにより同定と定量を同時にすることができます。本アプリケーションノートでは味と香りに寄与する類似性および差異を測定しストロベリーキャンディといちごの比較を行いました。 HS-SPMEにてストロベリーキャンディといちごの揮発性成分を捕集しGC-TOFMSで測定しまし、ラクトン類およびエステル類について比較した結果、フレーバーに寄与する微小な差異が捉えられました。また、セスキテルペンに特徴的なm/z 204.22にXICを比較することで差異を比較することができました。LECOのPegasus® BTはパワフルなデコンボリューション機能によりTICではわからない差異を発見し、より多くのサンプル情報を得ることができます。

GCxGC-TOFMS_FAME_Rev.1

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

SPME-GC-TOFMSによるストロベリーキャンディといちごの香気成分の比較