「SPME-GC-TOFMSによるセロリの香気成分分析」のアプリケーションノートです。

サンプル中に含まれる化合物の同定は、キャラクタリゼーションを行う上で重要な情報となります。ノンターゲット分析が可能なGC-TOFMSはこのような化合物の探索を容易に行うことができます。LECOのPegasus® BTはクロマトグラフィーによる分離に加えて、デコンボリューション機能により共溶出した化合物も分離することができます。さらにChromaTOFソフトウェアのリテンションインデックス機能を使用することでライブラリ検索結果を補完し化合物の同定をサポートします。本アプリケーションノートでは、Pegasus BTとHS-SPME法を組み合わせることにより、セロリの香気成分を数100化合物検出することができました。

GCxGC-TOFMS_FAME_Rev.1

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

SPME-GC-TOFMSによるセロリの香気成分分析