「GC-TOFMSによるビールの醸造プロセスにおけるモニタリング」のアプリケーションノートです。

プロセスモニタリングは原材料から様々な段階を経て最終製品になるまでの化学的変化を追跡することによって行われ、プロセス最適化、最終製品の改良、プロセスの効率化等につながる可能性をもっています。 アロマプロファイルを含む揮発性および半揮発性成分のモニタリングにはGC-MSが適しています。
本アプリケーションノートでは、HS-SPMEとGC-MSを組み合わせてビールの醸造プロセス5段階から採取したサンプルを分析し、アロマプロファイルの変化を醸造の段階と結びつけて考察することにより、醸造プロセスを通じて起こる化学的変化を捉えることを試みました。
その結果、Pegasus® BT GC-TOFMSは数百の化合物を検出することができ、各サンプルの多くの傾向を明らかにすることができました。デコンボリューション機能は共溶出した化合物を識別し、より多くの情報を得るのに重要な役割を果たしました。アロマプロファイルの変化を捉えることにより、プロセスを通じて起こる変化に対して重要な洞察を得ることができました。

23.PEGBT_BREWERY_PROCESS_MONITORING_203-821-610_211x262

詳細は、下記ファイルをダウンロードしてご覧下さい。

GC-TOFMSによるビールの醸造プロセスにおけるモニタリング